お問い合わせは
042-569-3580
全制御特徴切断機
SA371B

SA371B トランクワイイヤープロセッサー


ビルハーネス塔幹線加工の制御マシン。最大外径φ70mm CVT325sq、CVT250sqまで測長切断可能の巨大パワー!測長可能長さ最長3,000m、繰り出し測長精度は±0.05%で送り張力定格140kg(最大450kg)。高精度ベルト式エンコーダー測長。対話型タッチパネルオペレーションポイント。スタート機能搭載。多彩な周辺機器を1台で制御可能、パソコンによるデータの送受信機能ネットワーク対応。

 
 


デジタル切断機
ZKC-25

デジタル切断機 ZKC-25


主にビニールチューブの切断やケーブルの切断に使われております。金属箔・紙・ファイバー・建材部品・ロープ等を切断されているユーザー様もございます。
この機械の特徴は刃物ユニットをオプションにより交換が出来る事で、通常のシャー刃モデルを薄刃(カッター刃)に変えて使う事が出来ます。
設定は液晶タッチパネルにより長さ(補正機能付き)・本数・速度など使い方に合わせた設定が可能です。また、外部コントロールモデルもあり連続した自動機に組み入れて使用する事も出来ます。
 
 

 
 

  ZKC-25
電源 AC100~240V 2A
切断長さ設定 0.1~999,999mm
最大外径 幅100mm・最大高さ20mm
送り速度 0.1~0.6M/秒
切断能力 1.28kN
測長精度 ±0.2mm
(当社推奨サプライ使用時)


チューブ切断機
MS9000
(現在リニューアルの為、生産を停止しております)

チューブ切断機 MS9000


MS9000は『なぜ、ただチューブ等を切るだけなのに大きく重たいのか?』と言った疑問からどこまで小さく出来る?を実現した機械です。
当初、高級高機能機と遜色無くどこまで小型化・軽量化出来るのかと言った欲望で作られました。机の上に置いてもスペースを取らず、女性でも簡単に持ち運べる切断機です。
特に、ブリッジタイプのフラットケーブルや収縮チューブの切断に向いています。電線を縛る為の紐など切りたいものを真っ直ぐに切断出来る刃は、安価な市販カッター替刃を用い、他社製の薄刃タイプの切断となります。
小さい割に機能も充実していて、
・材料有無検出機能 針金式ではなくローラーで検出
・設定数/現在数カウンター
・長さ補正機能
普及機の一般的な機能は付いています。
(現在リニューアルの為、生産を中止しております)
 
 
 
 
 
 
     

 
  MS9000
最大ケーブル径 8mm
ケーブル幅 85mmの64芯フラットケーブルも可能
設定生産本数 1~9,999本
設定長さ 1~9,999mm
長さ設定単位 1mm(補正値0.1mm)
切断スピード 10mm時 53本/分
100mm時 41本/分
1,000mm時 11本/分
外形寸法 W180×D220×H200mm
(ハンドル含まず)
電源 AC100V 50/60Hz
重量 約5kg