お問い合わせは
042-569-3580
ロータリーストリッパー
KIND2-82/83
      

丸ケーブル用ワイヤー・スキン・マシン。回転する刃物で電線の外皮に傷を付け剥離を行います。電線被覆直径・電線芯線直径を測定し値を機械に入力、剥き長さ・引っ張り長さを設定する、後はフットスイッチ又は押しボタンスイッチで起動します。(必要な場合は微調整をします)モード切り替えで回転無し・180°回転・徐々に切込みをしながら刃を入れるモードと3モード選択出来ます。登録しておけば8種類の加工が表示の選択画面から選び、直ぐ加工する事が出来るので大変便利です。メモリー登録は300種類、操作は剥き長さを含めて全てタッチパネルから行うので煩わしさがありません。
 
 
  KIND2-82(83)型
剥離寸法 ストリップ長さ 3~200mm(3~200mm)
(φ25以上 3~50mm)
剥離寸法 電線外径 φ2~φ25(φ25~φ35)
作動方式 プッシュスイッチ及びフットスイッチ
刃型 専用平刃4枚構造
メモリ機能 300件登録・ワンタッチボタン8件割付
設定方法 タッチパネルによる数値入力
外形寸法 幅325×奥行680×高さ490mm
電源 AC100V 10A
重量 約50kg
適用電線 80型 VCT、VCTF、IV、WL、MLFC,
通信ケーブル等の丸形コード、
CV系最大60sq
IV系、WL系、MLFC系最大150sq
適用電線 81型 VCT、VCTF、IV、WL、MLFC、
通信ケーブル等の丸形コード
CV系最大60sq
IV系最大250sq
WL系・MLFC系最大325sq
運転モード 無回転・回転・切込回転

デジタルケーブルストリッパー
MKS504

ロータリーストリップ機加工外径φ2~24mm。刃物が回転しながらケーブルに切り込みを入れて行きますので、切り口が非常に綺麗に仕上がります。刃の調整はデジタルパネルでボタンを押すだけで何方でも設定出来ます。しかも一度設定した値を記憶する事も出来るので段取り時間を短縮出来ます。通常は手元のボタンでスタート。加工はメモリー99件分保存出来ますから素早くセッティング可能です。

 
 

  MKS504
ストリップ長 2~100
(オプションで100mm以上のロングセミスト可能)
対象ケーブル径 ※1 φ2~24
芯線径 φ1~20
セミストリップ 5~(5mm単位)
最少切り込み設定単位
【mm/クリック】
0.1
加工時間
(AC100V 50Hz時の
ストリップ時間) 秒
約5(ストリップ長50mm、刃1回転時)
約6(ストリップ長50mm、刃3回転時)
データ設定 99件
電源 AC100V 50/60Hz 5A
外形寸法 370W×583D×332H(mm)
機械重量 39.7kg

 
以下の動画はMKエレクトロニクス様が作った動画です


オートワイヤースキンマシン
クラブカッター

クラブカッター

最大φ20mmまでの丸形ケーブル・電線の外皮剥き機械。
1サイクルの速度はクロス刃を用いた噛み合わせ方式の為、高速刃の調整はマイクロメーターで0.01mmで調整可能。
クランプ調整も思いのままに、強すぎず弱すぎず。
60mmまでのストリップで全剥き(カス払い付)
スケールの終端250mmではハーフストリップとなります・
45度傾斜デザインにより作業性を大幅にアップしました!

 
 

 
  クラブカッター
調整刃 マイクロメーターダイヤル式
クランプ調整 マイクロメーターダイヤル式
適用外径 φ2~φ20
剥離線種 VCF、VCTF、インターフェイスケーブル、
IV・WL・MLFC系
ストローク長 60mm
剥き寸法 メモリ最大250mm
それ以上も電線により可能
分割剥きも出来ます
ブリップ・刃までの距離 15m
電線入口から刃まで 70mm
機械寸法 W360×D420×H375
(A3サイズの設置面積です)
電源 AC100V
重量 約40kg