お問い合わせは
042-569-3580
CCDカラーハーネスチェッカー
COLOR CHECKER CC109
■シントク工業が満を持して発表?
片側しかコネクターが付かないハーネスの検査にCCDカメラで色の並びを見て検査します。
この装置の良い所はカメラは信頼のメーカー品、スタンドはシントク工業のハーネス制作現場から生まれたノウハウをつぎ込み、反応が素早くカメラの性能をスポイルしない単純な構造を心掛けて作られました。
検査の設定はパソコンで行いますが、設定画面が分かりやすくパソコンで塗り絵をするような作業で設定出来ます。

━━━実際に弊社の女性従業員に検査をしてもらいました
弊社でもハーネスチェッカーで検査受け入れを行っているのですが、
『これがあれば安心してお客さまに出荷できます。とっても反応が早いです』と好評でした。
設定をどのようにするか教えてあげたところ、『なんだか塗り絵みたいですね。これなら私にも出来そうです』と言っておりました。
 
━━━取扱説明書についてですが
カメラの機能が非常に多機能なので、取扱説明書を見ているだけで「あれもできる?」「これもやりたいな…」なんて思ってしまいます。
一体どのような事が出来るのでしょうか?
持っている機能は色・形の比較認識なのですが…位置がある程度変わっても追従範囲が高さ方向も認識しているので非常に広範囲で見る事が出来ます。
数があるからコンベヤで検出したいと言った要望にもお応え出来ます。
カメラの追加ももちろん可能で、接続がLANケーブルによるものなので一度に色々な角度からでも検出出来ちゃうのです。
カラーハーネスチェッカーだけに留まらずもっと使いたいと欲望を駆り立ててくれます。
 


外観検査装置
スカラ デジタル/アナログ両対応
マイクロスコープ
■ハンダ付けや端子の圧着部分の検査に
USBでパソコンにコンポジット接続でテレビに拡大された映像を映し出します。顕微鏡や拡大鏡に比べ焦点距離が長いので作業スペースも十分にとれ、電子倍率だから大きな画面に映せば映すほど大きく拡大されます。
また、レンズを交換する事無く等倍から300倍まで拡大出来ます。
■オプションも充実
スタンドにXYステージを組み合わせ二次元画像計測ソフトを使うと工場顕微鏡の様に寸法を測る事が出来ます。(簡易的に)もちろんパソコンと繋げるのでデーたとして拡大画像や計測結果をプリントアウトしたり他のソフトに貼り付けて検査報告書を作成したり出来ます。